唐突にやってくるまぶたの腫れに悩まされています。

47歳女性です。
40歳になった頃から、ときどき唐突にやってくるまぶたの腫れに悩まされています。
始まりは、ある日突然でした。
まゆげの端がかゆいな、蚊にさされたのかな?と思っていると、みるみるうちに片目のまぶたがかゆくなり、どんどん膨れてお岩さんのような目に。
びっくりして、皮膚科に行ったのですが、診断は「虫さされ」というものでした。
もらった塗り薬をしばらく塗って、3日間ほど過ごすと、腫れはひいたのですが、その間外出するのも恥ずかしいし、片目が半分ふさがってしまって目もすっきりと見えないし、友人との約束もキャンセルしました。幸い仕事はしていなかったので、家でひたすら腫れがひくのを待ちました。
そんなことがあって、1年ほど経ったある日のことです。
また、まゆげの同じ場所がかゆくなりました。
そうして、またみるみるまぶたが腫れてしまったのです。
皮膚科に行くと、やはり「虫さされ」という診断です。でも、室内にいてまゆのあたりを虫にさされた感覚もないし、虫さされにしては、いつもと違いすぎます。
やはり塗り薬を処方され、3日ほどで治まったのですが、それからというもの、数ヵ月ごとに突然同じ症状に見舞われるようになってしまいました。
自分でネットで調べてみたところ、どうやら「クインケ浮腫」というものらしいです。
私の場合はまぶたですが、唇が腫れる方もいるそうで、原因不明なケースもあるとのこと。
私のように3日ほどでひく軽いものが多いそうですが、喉が腫れると呼吸困難になり、生命の危険も伴うのだそうです。
その後の皮膚科を受診しましたが、腫れたら薬を塗るという対処療法で、根本的におこらないようにするのは難しいようです。
忘れたころにやってくるこのまぶたの腫れのため、人と約束をしたりスケジュールを立てるのに苦労しています。
目が腫れていても会えそうな相手なら気にせず約束しますが、そうでない場合は、できるだけ約束を守るつもりだけれど、こういう場合にはごめんなさい、と前もって説明をして了承を得ています。
延期できることはいいのですが、同窓会や結婚式出席など、そのときしかないイベントでは本当に直前までドキドキします。
これからもこの症状に付き合っていくのでしょうか。何もないときには、とても元気なのですが、落ち着かない毎日です。

食物アレルギーによる体の不調

私が悩んでいるのは食物アレルギーによる体の不調です。社会人になり一人暮らしをするようになってから惣菜などをスーパーで買う機会が増え食生活がガラッと変わりました。
そんな生活が5年ほど経った頃、お腹を壊すことが多くなりました。初めは何かにあたったのかな、と思いその内治るだろうと軽く考えていたのですが一向に症状は良くならず悪化するばかりでした。
そのうち何か口に入れるだけで下痢のようになりお腹を下してしまい、トイレに駆け込む、、といった具合になってしまい、結局仕事にも支障をきたし退社することになってしまいました。
そのあとは自宅療養が続きました。原因もわからず困り果てる日々でした。そのうち下痢だけでなくアトピーも発症してしまい少し掻いただけで皮膚がめくれて血が出てきてしまう状態にもなりました。お風呂に入るのも大変で全身がしみて痛くて本当に悲惨でした。
病院に行きステロイドなどももらいましたが薬も体が拒否してしまい続きませんでした。
会社も辞めていたし諦めて治療に専念することを決めました。ネットでアトピーに関する情報を集めて、なるべく添加物を含まない食べ物、化粧品、衣類を使うなどなど生活全般を見直しました。その中でやはり一人暮らしをするようになって食生活が大きく変化した事が引き金になったのだろうということに気がつきました。
実家にいた時はあまり添加物を含まない手作りの料理を食べていたのにスーパーなどの惣菜は良く見ると恐ろしい量の添加物を含んでいます。それをいきなり毎日大量に食べ5年間も続ければ自分の中の許容量を超えてしまったとしても無理はありません。。アトピーがそこそこ落ち着いて痛みがなくなるまで2年くらいはかかりました。徹底して添加物を排除した生活を送ることで何とか元の体に近づくことが出来ています。
ただ自分の中の許容範囲みたいなものもわかってきたので常に注意するようにはしています。今は少しくらい添加物が含まれたものを食べたりしても症状は現れませんが疲れていたり普段より体調が良くない時に添加物を摂りすぎたり食べすぎたりすると体が痒くなったり出血したりと症状が出てしまいます。
今まで自分の体に目を向けていなかったことに気がつくことが出来たので必要な経験だったとは思います。この経験をこれからにも繋げたいと思っています。

コントロールできない体調不良、双曲型気分障害

私が体調不良に悩まされるようになってから、約20年になります。
忙しかったり、ストレスに長期間さらされたりすると、だるさや億劫さが出てきます。ここまでは普通の人でも起きると思いますが、私の場合、ここで充分休息を取らずにいると、次第に話せなくなったり、朝起きられなくなったり、体が動かせなくなったりしてしまうのです。かと思うとおしゃべりになったり、興奮状態になって妙に明るくなったりします。
これらの症状は、双曲型気分障害です。一般的には躁うつ病と呼ばれます。気分障害でよく知られているのがうつ病です。最近ではうつ病の認知度が上がったので、多くの方がうつ病がどんなものか大体ご存知でしょう。躁うつ病のうつ状態とうつ病は似ており、判断がつかない場合もあります。ですが医学では、躁うつ病とうつ病は似て非なるものと捉えられています。
私が躁うつ病になった原因はわかりません。また、発症の時期もわかりません。ただ、うつ病はだれでも罹る可能性があるのに対し、躁うつ病は遺伝が関連しているのではないかといわれています。尤も私の親族に躁うつ病の患者がいたとは聞いていませんが。
また、これは躁うつ病の原因として明らかにされていませんが、精神科の医師の中には、躁うつ病患者は親との葛藤に悩まされている印象を持つ方がおいでのようです。
私は比較的そう状態がわかりづらいタイプなのですが、今までで最悪に悪かった時期には、日頃より感情が高ぶっていて言動に粗暴さが出ていたりしました。また、躁うつ病の躁期には現れやすいのですが、金銭感覚が狂ってしまい、かなりの金額を散財してしまいました。
うつがかなり辛い時期にはとにかく体が動かず、話すこともままならず、涙があふれてくるのです。うつ期で一番辛いのは、体の不調以上に周囲に理解してもらえないことです。本当に体が動かず辛いのに、気合が足りないとかわがままだとか判断されました。支えになって欲しい家族が理解してくれないと、どうしようもない気持ちになりました。ただこの病気は、なった本人でなければわからないのは事実でしょう。【ひげ脱毛那覇
また困るのは、不調になるのに予測がつかないことです。いろいろ立て込んでいても頑張れているのに、ある時突然動けなくなるのです。予防しにくいのにも悩まされます。
この病気に対処するには、精神科に定期的に通院し、その時の状態に応じた薬でコントロールしなければなりません。面倒ですが、今のところそれしか方法がないので仕方ありません。
ただ、以前に比べると症状が軽くなってきたようなので、少しだけ安心しているところです。

更年期めまいとのつきあい、「シャー」という耳鳴

49才の女性です。やはりお年頃なのか、とうとう2〜3年前位から『めまい』に悩まされ始めました。
症状は軽い、重いと様々に出てきます。最初は就寝時寝返りを打った時に、酔っぱらっていたわけでもないのに天井がグルグル回るというものでした。その症状はしばらくすると治まったのですが、朝起きると何やらフワフワした感じがあり、まっすぐに歩けませんでした。
さらには、耳のあたりがボワっとした感覚があり、時折「シャー」という耳鳴りもしていて、もしかしたら脳の病気では?とちょっと怖くなってすぐに近くの総合病院に行きました。
受付で症状を言うと、耳鼻科に行くよう指示されました。眼振のあるなしや聴覚の検査を確認して、今、症状出ていないならば年齢的なものかもしれないからとめまいを抑える薬を処方していただきました。
それから頻繁にではないものの、たまにめまいが出たり、耳鳴りがしたりするようになりました。一番強いめまいがあった時は、ジェットコースターのように目の前が高速でグルグルと回る感覚があり、ものすごい恐怖でした。
また、頭を振ったり、道を歩いている時など安全確認のために振り返ったりするとクラっと来たり、疲れていると仕事中に軽く回っている感覚になったりして、またいつ強く回ってしまうのかと不安です。
めまいが出るようになってからは、寝返りや振り向く動作をする時などは、すごく気を使って恐々ゆっくり動作をしています。そして、そんなじれったい動作をしなくてはいけない自分にイライラもしてまうのです。
しばらく病院にも通いましたが劇的に改善することもなく、でもどうにかしたい思いでネットで色々調べてみるとやはり年齢的なめまいには漢方薬が良さそうだということで、試してみることにしました。
更年期障害にいいと言われる「桂枝茯苓丸」、めまいやふらつきにいいと言う「苓桂朮甘湯」など飲んでいます。漢方はじんわり効いてくる感じなので、速効性はないですが、飲んでいると調子いいかな?くらいには効いていそうです。
歳をとるということで、こんなに不安とイライラで毎日不愉快に過ごさなくてはいけないというのは、実際の症状もさることながら精神的にも落ち込んでしまうので、本当にイヤなことだと思うのですが、諸先輩方も通ってきた道なので、工夫と漢方などのちょっとした手助けをしてもらいながら何とか楽しい毎日を送っていきたいと思います。

便秘のせいで彼との関係ぎくしゃく!

私は昔から便秘になりやすい体質はしていました。でも学生時代は母の栄養バランスを考えた食事のおかげでそこまで困ることはありませんでした。
しかし、環境が変わると一気にこの便秘に悩み始めました。私はこの症状に悩むようになったのは親元を離れて一人暮らしをはじめてからです。社会人になって料理なども自分でやるようになってから急激に便秘に悩むようなったのです。
私の場合の便秘は3~4日便が出ないというようなタイプではありません。2日に1回くらい出るは出るのですが、本域で力まないと出ないし、出てもちょっとずつなのです。そのせいでお腹に便が溜まっていて辛いです。
原因は自己分析できています。だって私の場合分かりやすいですからね。私は料理が下手であまりいろんな料理を作れません。仕事も忙しくてどうしても同じようなものを作ったり、お惣菜や冷凍食品を買って食べてしまうのです。そのせいで野菜の摂取量がすごく少なくて、揚げ物などこってりしたものに偏っています。おそらくこれが便秘の原因なのではないかと考えています。親の栄養バランスを考えた料理を食べなくなってから本当に便が出にくくなりました。
この便秘で困ったのは彼氏とデートをしていても楽しめないことです。私は便秘でお腹が張るようになってから極力お腹を見せたくなくなりました。だって便が溜まってお腹がすごく出ていますからね。しかも彼とのデート中に便秘のせいでお腹が痛いことも多くてデートを楽しめません。そのせいで彼氏に心配されたりして「体調悪いの?」と聞かれるのですが、便が出ないとは恥ずかしくて言えなくて誤魔化してしまって、ぎくしゃくしてしまうのです。血の巡りが悪くなってせいか、頭頂部の髪が薄くなったてきたようにも思います→頭頂部薄毛育毛剤
彼氏に本当に事を打ち明ければいいのにと思うかもしれませんが、何気にプライドが高くてこういう恥ずかしいことを気軽に言えない性分なのです。自分が隠すせいで彼の方もすごく困惑しているようで、本当に関係がぎくしゃくしています。すごくつらいです。
便秘対策のためにヨーグルトを食べたり、野菜ジュースを飲んだりはしているのですが、一向に改善されている気配はありません。本当にこの便秘に悩んでおり、改善したいです。

歯の治療ですでに数百万・・・

元々歯が弱く、子供の頃から歯医者に通っていました。よく歯を磨かなくても虫歯にならない人もいますが、私はその逆で、歯に人一倍の気をつかっているのに虫歯になります。何が行けないのか、間違った治療をしたのか、どうすれば良かったのかと思いますが思い浮かびません。
ただ単に虫歯になって治療をしてという段階でなく、神経を抜いた歯が多いことで、今度は歯がもろくなっているので、しっかりとした土台を入れて差し歯にした方が良いと言われ、特に痛みなどはなかったけれど、セラミックの差し歯にしました。するとしばらくして、今度は歯茎が腫れるというと、もうだめだから歯茎の骨が溶ける前にインプラント手術を受けるようにと言われます。その間、一年も経ちません。だったら最初からインプラントにしていれば、10万、20万は節約出来たと思います。その他にも、他の歯医者で治療しセラミックを入れた歯が大きい、合っていないと言われ、セラミックをまた新しいセラミックにしました。その後から歯茎が腫れるなど、本当にやって良かったのか?疑問に思うこともあります。先生はその時その時で、一生懸命治療してくれているのだと思いますが、3ヶ月の検診の度に、この歯はやり直した方が良い、今やらなければいずれ痛みがでる、後になるとかっこ悪いインプラントになる等言われると、お金が追いつかず、ちょっと調子が悪かったり、痛みがある、歯茎が腫れる等、我慢するようになってしまいました。3ヶ月に検診と歯のお掃除に通ってはいますが、あと自分でこれからどうケアをしていけばいいのか気分も落ち込みます。歯医者を変える問題なのか、本当に私の歯の状態が悪すぎる問題なのか考えてしまいます。前歯のインプラントは45万円と高額で、私がしぶっていると、5万円引いてくれました。歯医者の値段もよく分からない所もあるので、他も効いてみたいところです。ただ、そこですでに治療をしているので、何かあったときのメンテナンスをしてもらえなくなるのも不安があり他の歯医者に行けないです。

肩甲骨の柔軟性が肩こり改善のカギだった!?

デスクワークや車の運転など長時間同じ姿勢によって血流が悪くなり、肩こりになってしまう方も多いのではないでしょうか。
ちょっとストレッチできれば、いくぶん楽になりますが、仕事中だとなかなか難しいですよね。
私自身も高校生の頃から慢性的な肩こりに悩まされてきました。
ここでは私の体験を踏まえ、肩甲骨を柔らかくする方法で肩こり改善につながったエピソードを紹介します。

私が肩に違和感を覚えるようになったのは高校生のときです。
今振り返ると分かるのですが、制服のジャケットが身体に合わず、また胸が重かったので、変に肩に力が入ってしまい肩こりが続いていました。
当時は原因もなんで肩が重いかもわからず過ごしていました。
社会人になり事務職に就いた私は、長時間のデスクワークにより一層肩こりが辛くなりました。
常に身体が重く怠かったです。
休日は身体を休めるために一日横になって過ごしていました。
外に出掛けることもなくなり、内向的になり、仕事だけこなす日々に気持ちが沈んでいました。
そんなときに友人が「ホットヨガ教室」に誘ってくれました。
こんなに身体が痛いのにヨガなんかできるはずないと最初は思いましたが、
近所で通いやすく月謝もリーズナブルな女性専用のホットヨガスタジオだったので通い始めました。
すると、身体の重みや怠さがなくなり、みるみる身体が軽くなりました。
ホットヨガではサウナのような熱い部屋で、身体に負担を掛けないように、普段動かさないような関節や筋をじんわりと伸ばしました。
始めたころは辛かったですが、一時間の授業を終えると、滝のようにかいた汗によりデトックス効果もあり、達成感と充実感に満たされ、どんどんはまっていきました。
そこで「肩甲骨を動かして、柔らかくすることで肩こり改善につながること」を学びました。
一見、肩とは関係ない部位に感じますが、筋が繋がっているため、肩甲骨をうごかすことで肩の血流もよくなり、肩こりが軽減するというものでした。
腕を大きく振ったり、肩甲骨の開きや収縮を意識したプログラムを受けたことで私の肩こりはだいぶ改善されました。
以前のような身体の重みや怠さはなくなり、身体が軽くなり、気持ちも前向きになりました。

皆さんもぜひ肩甲骨を積極的に動かして、慢性的な肩こりから脱却しましょう。